トップ > IRコンサルティングとは > IR(投資家向け広報)のコンサルティング業務内容

IR(投資家向け広報)のコンサルティング業務内容

IRコンサルタントは、株式上場企業が、株主や投資家向けに経営戦略や決算内容や財務情報についての広報を行う事が主な仕事になります。
上場企業に対して、機関投資家や個人投資家などどのような投資家に重点的に広報するかをアドバイスを行います。
また、契約企業に代わって、投資家に対してヒアリングを行い、経営方針や財務方針についての要望を聞きだして契約企業へのアドバイスを行います。
契約企業へのコンサルティングに対する主な報酬は、メインのコンサルティング料に加えて、株主通信やレポートの作成料、決算報告会の運営業務料、株主総会での議決権行使促進サービスなどがあげられます。
投資家向け広報業務を受ける場合、直接株式上場企業を訪問して引き受ける事もありますが、多くの場合証券会社からの紹介になります。
この為、IRコンサルタントは証券会社との信頼関係構築も非常に重要になります。



IR活動をスムーズにするコンサルティング

インターネットの発達に伴って、株式投資に対する垣根が取り払われていきました。
その為、企業に投資する人々が国内だけでなく、海外からの参戦も盛んにおこなわれるようになりました。
株式市場への株主参戦が拡大されたこと、株主の投資に対する知識が格段とレベルアップしたことにより、企業が株主・投資家にたいする情報開示、経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信する活動、IR活動がとても重要なウエイトを占めるようになりました。
ミーティングの開催、工場や施設見学会や投資家向け広報誌の刊行など情報開示する内容やタイミングは基本的に企業の自由ですが、IR活動のやり方によって、良好な企業イメージアピールに大きな差が生まれます。
IR活動をうまくコンサルティングする会社は企業の株価にも大きな影響を与える為、とても重要な仕事となっています。



IR情報をコンサルティングに活かしましょう

IRは株式投資家の方が企業情報を得るために知る情報というイメージがありますが、利用用途はそれだけではありません。
企業のコンサルティングをされている方も、この情報を有効活用して仕事をしています。
企業のビジネスをサポート、または経理面を管理する仕事は、その企業にふさわしいサポートの仕方というものがあります。
たとえば一部上場企業と小規模のベンチャー企業とでは、コンサルティングの仕方は根本的に違いがあります。
そのため、サポート企業はIR情報には常に目を光らせているということです。
自社の情報のみならず、取引先企業の情報としても有用性が高い項目と言えるでしょう。
昨今は自社の公式サイトをインターネットにアップしていることが常識化しています。
企業情報を一般の方から取引先の方まで簡単に閲覧できますので、ぜひ常にチェックする習慣を身につけることをお勧めいたします。

次の記事へ

PAGE TOP