トップ > IRコンサルティングとは > IRを重視したコンサルティング事業

IRを重視したコンサルティング事業

IRコンサルティングは、例えば、企業の株主の多くを占める機関投資家の明示ができない、または分からないため、実質株主調査で把握し、アクティビストに保有されている場合に、的確なIR活動をアドバイスするのが特徴です。
国内・海外機関投資家に関する調査が主ですが、もちろん、株式公開買い付けなどで敵対するトラブルに見舞われるケースでは味方になり、企業統合などにおいても投資銀行や弁護士としてのアドバイザリー業に就くこともケースバイケースで挙げられます。
要するに、機関投資家の対応を皮切りに、IR明示会の開催などを提案する事業が展開され、敵対的買収などの有事の際、議案コンサルティングとして賛成票確保活動なども担います。
こうした仕事に就くにも、経済や金融に対する興味や好奇心があること、さらには財務の基礎知識を持つことは重要です。



IR活動に適した人材が担うコンサルティング

投資家向けの広報活動であるIRは、これまで投資家や証券アナリストを対象とした活動が主でしたが、知識不足となる個人投資家向けにも活動が増えています。
コンサルティング業として、企業の証券の価値評価に対してのアドバイザーとなり、資金調達に繋げ、投資家との良好な関係を構築します。
上場企業や準備企業で必要とされるため、証券外務員がコンサルティング業に向いているとも指摘されています。
金融系の企業で株券の募集や売買が行われるようになり、投資信託に関する法律にも強みを持つためです。
投資法人に関する業務、付随業務のみならず、企業分析などの財務諸表の仕組みや構成などのスキルは多いに役立つ内容です。
株主や投資家目線で考えれば、投資判断に必要な情報を得ることができるため、証券会社経験者あるいはファンドマネジャーも求められています。



IR活動のコンサルティング業を担う者

IR活動の内容は、決算や事業に関する明示会の開催、年次報告書の資料作成などが主ですが、近年では企業でも個人でも、事業者として成長していくためのIRコンサルティングが注目度を高めています。
例えば、事業として継続するにも、防衛策を図るために、潜在的なステークホルダーに対するアピールが不可欠なものに変化しています。
特に、社会的影響力のある大企業などでは、金銭の利害発生の難が生じやすくなり、広義のステークホルダーへのアプローチにIRの取り組みは活発化しているのが現状です。
株を売る側の組織がある一方、預かったお金を運用する組織には投資顧問に属するアナリストが在籍し、企業の価値の分析を担い、株価が割高・割安なのかについてレポートします。
コンサルティングではモデルによってアドバイスが異なるのも特徴で、売買による手数料で収入を増やすビジネスモデルもあれば、お金を受託して運用するなどのパフォーマンスに基づく成功報酬型もあり、近年、個人投資家の存在が拡大し、活動を担うアナリストの短期志向化も進んでいます。

次の記事へ

PAGE TOP