トップ > IRコンサルティングとは > IRに関する外部コンサルティングの必要性

IRに関する外部コンサルティングの必要性

IRというのは、Investor Relationsの略です。
企業が投資家に向けて様々な情報を発信することを指します。
上場企業なら財務状況を逐一報告しますが、それもIR活動の一つです。
法律上必ずしなければいけない情報公開はもとより、最近では企業側が業績動向等を自主的に発信するようになりました。
インターネットの発達によって情報公開が容易になったのも大きいですし、投資家がその情報を頼りに株の購入を決めることも多いからです。
IRは、具体的な手法が千差万別です。
ですから、外部のコンサルティング会社を使って計画を立て、実行していく会社が多くなっています。
どこまで情報を公開するのか、そしてその方法はどうするのか、自分たちで考えるのは大変です。
ノウハウを持った専門家なら、効率のいい手法も知っていますし、具体的にどのように作業を進めていくのかも熟知しています。
危機管理やマーケティングとも関連しますから、実績のあるコンサルティング会社を使うのがベストなわけです。



投資家からの信頼に繋がるIRのコンサルティング

IRに関連したコンサルティングを受けることに関しては、投資家たちからの信頼確保に直結するものとして捉えられています。
そのため、専門的なコンサルタントからのアドバイスを受け、企業が投資家たちに対して情報を正しく公開することが強く意識されていると言えるのではないでしょうか。
幅広い分野の企業が、投資家向けの情報伝達を確実に行うために、専門的なコンサル業者に依頼する動態が活性化されています。
IRの情報公開の在り方を、随時アドバイスしてもらうことが実現されるようになり、企業が投資家からの信頼をしっかりと獲得してきているとられています。
ここ数年は、情報公開の在り方が厳しく問われる風潮が拡大しています。
今後もこの特徴が維持されるものとみられていることから、投資家向けの企業情報を的確に公開するためのコンサルティングが本格化するでしょう。



ベンチャー企業に展開されるIRのコンサルティング

IRに関連したコンサルティングの取り組みは、ベンチャー企業に対して積極的に展開される動向が見受けられています。
企業規模を問わず、投資家たちに対して情報公開をしていくことは大事であると考えられており、的確にコンサルタントによる助言を受けることが希求されています。
近頃では、上場して、投資家から多くの資金を調達するベンチャー企業も多くなり、IRの取り組みに対するコンサルティングを綿密に受ける重要性が増しているとされています。
以前よりも高い頻度で、投資家たちに向けた情報公開を行うための助言を受けようとするベンチャー企業が散見され、様々なところで投資家や株主からの信頼を獲得することに役立てられています。
ベンチャー企業や新進気鋭の会社に対するIRのコンサルティングは、これまで以上に本格的に実施されるものとみられています。

次の記事へ

PAGE TOP