トップ > IRコンサルティングとは > IRとコンサルティングの役割に関して

IRとコンサルティングの役割に関して

ようやく上向いてきた日本の景気ですが、それを下支えしてきたのが好調な株式市場ではないでしょうか。
二万円を超えることが当たり前になり、個人投資家の鼻息も荒くなっています。
一方で、企業不祥事や販売不振に対するチェックも厳しくなっているのも事実です。
内部のチェック機能が働かなくなり、急な坂を転げるように衰退してしまう企業があります。
やはりIRコンサルティングの役割が高まっていて、専門家に企業分析を依頼することが安定経営の第一歩と言えるのではないでしょうか。
顧客や消費者のニーズを掴むことはもちろんですが、無駄を省いて適切な人員を配置することがベストです。
残業時間も含めてですが、働き方改革の必要性が問われているのではないでしょうか。
コンサルティングのプロに任せることで、厳しい目線で社内改革を実行してくれるのではないでしょうか。



問題なくIR活動をするにはコンサルティングを活用

IRに関することを強力にサポートしてくるのがIRコンサルティングです。
株主総会や株主への情報開示方法など様々な面で支えてくれます。
上場してから初めての総会を成功させたりするのに役立ってくれます。
投資家に対しての対策だけではありません。
経営戦略や目標設定などIR活動に関することならなんでも相談できます。
会社の投資家に対するポリシーを策定することや情報配信サービスも請け負い、事務作業の負担も減らしてくれます。
社内にその情報を浸透させたりする役割も担ってくれます。
求められる情報をデータ化し、ストーリー仕立てにすることもコンサルティング会社の役目です。
投資家からの鋭い指摘にも応えられるよう、想定される質問に対しての答えも用意しておくことで無事に総会を乗り越えられます。
そのためにもコンサルティングを利用して普段からの経営目標の明確化や、情報開示をしておくようにしておきましょう。



IRでの情報戦略で使えるコンサルティング会社

IRの一環として、投資家に情報を配信する業務があります。
これはコンサルティング会社に委託することが可能です。
効果的な情報を配信を行うことで、投資家に会社からアプローチをかけることが可能です。
配信先はIR情報を欲しいとしている投資家に限定できるなど、コンサルティング会社ならでのネットワークを使うので安心です。
クレームも起きにくく、アップデートもやってくれるので手間いらずです。
株の保有状況もや運用情報など資産状況を適切に管理できる仕組みも、コンサルティング会社に任せれば簡単です。
インターネット上で簡単に検索可能など常に投資家の状態を把握できます。
新たな株主となりえる投資家へ情報を配信することができる仕組みを作り上げ、情報の管理も徹底的にやってくれます。
買収を防いだり、株主総会での議決権行使がどのように行われたのか分析したりもできるようになります。

次の記事へ

PAGE TOP