トップ > IRコンサルティングとは > 難しいIR関連の業務の代行で業務効率UP

難しいIR関連の業務の代行で業務効率UP

 企業がその運営資金を調達するためには、メインバンクから融資を受ける方法があります。それと同時に、株式市場に株式を公開して、株式を購入してもらうことで、お金を調達することができます。株式を購入してもらって、資金を調達するためには、IR活動を行います。
 IRとは、インベスターリレーションズの略称で、企業が株主や投資家に対して、自社の財務状況など、投資の判断に必要な情報を提供していく活動全般を指します。最近ではIR関連業務として、株主や投資家に対する情報提供だけでなく、顧客や地域社会等に対して、経営方針や活動成果を伝える活動も行っています。
 企業は、IR活動やIR関連業務を通じて株主、投資家、顧客などに情報を提供することで、相互理解を深め、信頼関係を構築します。

IR活動は、PR活動ではありません。あくまでも、株主に対してはこれからも継続的に株主でい続けてくれるために、投資家に対しては新たに株主になって投資をしてくれるように、会社の経営戦略や決算内容、財務情報を広報する活動です。
 このため、自社にとって都合が悪い情報も提供することになります。事実を曲げることは、インベスターズリレーションシップという、投資家との信頼関係構築に反することになります。業績をUPさせるためには、多額の資金が必要であり、IR活動から投資をしたいと投資家に考えさせることが必要です。
 そこで、IR活動の適正化と業務効率化を実現することが必要です。そのために必要な仕事を行うのが、IRコンサルタントです。IRコンサルタントは、依頼した企業に対して、機関投資家をターゲットにするのか、個人投資家をターゲットにするのかなど、戦略的なIR活動の提言を行ってくれます。

依頼企業に代わって、投資家に対してヒアリングを行い、投資家が依頼企業に対して、どんな経営方針や財務方針を望んでいるかを調査、解析します。その前提として、依頼企業を分析することが必要です。

 投資家の意向と依頼企業の分析内容から、的確なIR戦略を提言するために、投資家やマーケットの視点から分析を行い、課題を抽出します。その課題に応じてIR戦略を策定し、最適なツールを組み合わせ、戦略の実行までのロードマップを総合的に支援します。
 その戦略実行後、再度マーケットや投資家から意見を収集し解析し、さらなる問題点や課題を見つけフィードバックするPDCAサイクルを回すことが、IRコンサルタントの仕事です。

PAGE TOP