トップ > IRコンサルティングとは > 企業のIR活動の差別化にコンサルティングの必要性

企業のIR活動の差別化にコンサルティングの必要性

企業は投資の必要な時期に投資家や株主から必要なレベルの資金を投資してもらうため、平素から自社の経営状態や財務状況及び業績の現状や将来動向等、投資判断材料となる情報を適宜、様々なチャンネルを通して発信しています。
従来、その情報提供先は機関投資家や企業の投資担当者あるいは報道関係者や証券アナリスト等が主な対象者でした。
従って、企業の宣伝を兼ねた広報活動の色彩が強かったと言えます。
しかしながら、投資家として個人投資家が増えてくるに従い、企業の情報公開する場や機会を広める必要性が高まっています。
そこで、個人投資家の参加しやすい場を設けたり、ウエブサイトを使った情報公開の場の設定等が増えています。
また、ネット社会となってこうした情報提供が容易となり、企業の動向に対する投資家や株主の目が一層深まっているため、投資家や株主に対するこうしたIR活動による情報提供には迅速性と正確性が要求され、企業のIR活動を支援するコンサルティング活動も盛んに行われる時代となりました。



IR活動の支援を専門とするコンサルティング企業

決算発表や年次報告書のような過去の企業業績に対する広報活動から経営方針に基づいて進められる企業全体の中長期的事業計画や戦略及び現在から将来に向けた業績見通し等に関する情報を提供する方に重点が置かれるようになっています。
しかも、製品に関する需要予測や国内外の様々な要因次第で明るい見通しになっていなくても投資家の投資判断材料として将来の業績見通しを迅速に提供する必要性が高まっています。
このため、他企業との差別化を図ろうとする企業がIR活動の支援を専門事業とするコンサルティング企業のコンサルティングを受けるケースの増えていることが最近の特色となっています。
更に、企業は自社の生み出す製品を消費する顧客や社会の評判やニーズの動向等にも目を向けてCSR(企業の社会貢献活動)にも力を入れて良好な関係を築いていく必要にも迫られているので、CSRを行って得られる活動成果等を広報活動することもIRに含めているようです。
従って、IRが企業の単なる広報活動から脱却しつつありますが、資金調達先が金融機関より株式や社債発行による直接的な資金調達にシフトしてきた傾向に合わせた行動と言えます。



IRのコンサルティングの探し方

IRのコンサルティングは今までの実績を調べて探すことをおすすめします。
IRのコンサルティングとはとても経験が大切になります。
そのため、多くの実績を抱えていることがとても有利に働きます。
今までにたくさんの経験を有しているIRのコンサルティングなら、信頼して利用することができます。
そして、多くのノウハウがあり、効果的に仕事を進めてもらうことができます。
プロフェッショナルの手腕が明らかになり、素晴らしい結果を期待することができます。
また、分からないことや疑問を気軽に質問することができるため、頼りになるパートナーとして満足できる結果が出るように導いてくれます。
関わる人すべてが幸せになれる状態を作り上げてくれ、安定的な状態に整えてくれます。
これから咲きも安心して経営することができる素晴らしい未来を構築してくれます。

次の記事へ

PAGE TOP