トップ > IRコンサルティングとは > 上場してない企業でも上場のサポートをしてくれる

上場してない企業でも上場のサポートをしてくれる

 IR活動とは、インベスター・リレーションズの頭文字を取った用語です。直訳する投資家との信頼関係になりますが、企業が株主や投資家に対して経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信することを指します。
 株式の購入を通じた投資活動に必要な情報を提供して、資金を株式市場から調達する活動です。日本の企業金融は、これまでの間接金融から直接金融へ移りつつあり、株式市場において外国人や外国の機関投資家も含めた、投資家からお金を引き出す傾向が強くなっています。
 このため、株価の重要度が高まってきています。このため、資金をスムーズに調達する観点からも、投資家が必要とする情報を的確に提供し、株主や投資家との間に良好な信頼関係を構築する必要性が高まっています。
 このIR活動は、どんな情報を、どのタイミング開示するのかは、企業側に任されていますので、これを活用すれば、良好な企業イメージ作りにも貢献できます。上場企業にとっては、さらなる資金調達に向けてIR活動の改善や向上が急務となっています。

 具体的なIR活動としては、ホームページ上における情報開示だけでなく、ディスクロージャー資料の送付や、決算説明会や各種説明会を開催したりするなどが挙げられます。企業によっては、工場や施設などの見学会を実施したりするなど、独自のIR活動を行っているところもあります。
 IR活動は、広告ではありませんので、企業にとって都合の悪い情報を提供する場合もあります。しかし、積極的にIR活動を行っている企業は、投資家や株主からすれば、信用できる企業だというイメージを植え付ける効果が働きます。
 仮に、悪い情報があったとしても、そのマイナス効果を相殺するプラスの情報を提供するなどにより、株主の撤退や投資家のためらいを防止することができます。情報開示を積極的に行う姿勢は、企業に限らず、評価されて然るべきです。

 IR活動は重要でありながらも、単なる広告ではありません。自社限りでは、効果的なIR活動を展開することができない場合もあります。そこで外部のIRコンサルタントに依頼して、IR活動をサポートしてもらうことも必要です。
 IRコンサルタントは、まず依頼企業を分析することから作業を始め、企業を投資家や株主、市場の観点から分析し、課題を抽出します。その課題に関して、最適な解決策を提供していきます。その解決策に基づいてIR活動の目標を設定し、より戦略的なIR活動を策定し、実行までサポートを行います。
 実行後も、株主や投資家、市場にヒアリングを行い、実行した計画の効果を測定するとともに、新たな問題点や課題を抽出し、IR活動にフィードバックし、更に有意義な提言を行います。
 これらのマーケティング調査、企業分析、また実際のIR活動の実行支援からフィードバックなど、一連のIR活動に関してPDCAサイクルを回していくことで、常にIR活動の改善を図っていくことができます。

次の記事へ

PAGE TOP